ブログタイトル

WEBカメラメーカー

コロナでWEBカメラの需要が増した。

なんとか手に入れようと通販サイトを見ていると、今まで目にしなかったメーカーのカメラが続々出ていた。

気になったカメラについて、どこの会社なのか。どんなメーカーなのか確認してみた。

チェックの方法としてはGoogleの検索で、"そこの会社名" "company" のキーワードで検索し、WEBサイトで会社情報を確認したり、扱っている製品を見たりしました。


eMeetというメーカー

なかなかカッコいいWEBカメラ。法人の情報を確認してみた。
www.amazon.co.jp


中国の深圳の会社のようだ。設立は2016年でまた新しい会社。

行ったことないが深圳は香港と中国の境目にある。ベンチャー企業などが多いらしい。
www.google.co.jp


Srossというメーカー

こちらもamazonで2位の人気になっていた。
www.amazon.co.jp


メーカーのWEBサイトはまだ見つけられていないが、amazonでSrossのカスタマーサポート電話番号を見たところ「+86」から始まっていた。
「+86」は中国の国番号。

Wansviewというメーカー

これはamazonで5位だった。

www.amazon.co.jp


webサイトから見るとアメリカのメーカーにも見えるが、"Wansview" "company" で検索すると出てくるのは「Shenzhen Wansview company」であって、ここも中国・深圳の会社の可能性がある。


lifbetterというメーカー

こちらは安かった。
www.amazon.co.jp

こちらも中国・深圳の会社。


eMeetというメーカー

www.amazon.co.jp

こちらも中国・深圳の会社。・・・深圳ばかり。


モノつくりの国の優位性

久々にWEBカメラをチェックしてみたところ、中国メーカー・特に深圳の躍進が目立つ結果となった。
チェックするたび「深圳」。この街どうなってんだ。すごいなという印象。
深圳はどうやらこういう企業が集まった都市のようだ。

もちろん一番人気は昔からのロジクール(スイス)なのだが、WEBカメラに関しては、日本メーカーの影は薄かった。

日本メーカーはバッファローエレコムサンワサプライ くらいなのだが、上位はロジクールと中国製で占められていて、評価も高かった。


もちろん内部の部品などで、日本製の強みというのは残っているかもしれないし、高性能な価格帯だと違う結果になるのかもしれないが、優位性はあるから・・・と思っているうちに「ウサギとカメ」状態にならないよう気をつけねば。


気持ちが引き締まったチェック作業となりました。