ブログタイトル

L2TP/IPsec対応機種(YAMAHA版)

コロナ第二波が来そうな勢い。

第二回在宅勤務に備え、ソフトウェアに依存しないVPN接続を模索しています。

ソフトウェアに依存すると月額利用料がかかります。
今は無償公開しているソフトもありますが、今後長期に渡り在宅ワークが望ましい状況が続くようであれば、ルーターL2TP/IPsecの設定をして、職場ネットワークに接続する方がコスト的には望ましい。


早速、職場のルーターにログインして確認。(自分が設定しなのではないので)

機種を確認すると「RTX1000」だった。

YAMAHAのサイトで対応状況を確認。
www.rtpro.yamaha.co.jp


残念ながら・・・L2TP/IPsecには非対応。RT107eは対象機種なのに。


最大接続可能数が5人以上のヤマハ現行機種だと、RTX830あたりだろうが(最大20台)、価格は6万円くらい。
www.amazon.co.jp



ファイアウォールルーターのFWX120だと5万円台後半で、最大接続数は30台。
nttxstore.jp


在宅ワークが1年以上続くようであれば、ソフトウェアよりこちらの方がコスト削減になるかもしれない。


感染拡大状況を見ながら検討中です。

Windows8.1のダウンロード

ISOイメージを手動ダウンロード

在宅勤務はいいのだが、自宅でマルウェアに感染したPCが出てきた。

ウィルスの駆除自体は終了し、それほど影響度のないものだとわかったのだが・・・。


問題は使い方。


会社で認められていないソフトなどがワンサカ出てきた。
なんでもかんでもインストールしているようで、どのサイトからダウンロードしてきたのかも不明。


よって部門長と相談し、「念のため」と説明して完全に初期化することとした。

問題はそのパソコンがかなり古いWindows8 のものであったこと。
「8.1」ではなくて、「8」。


よってリカバリ領域から初期化すると Windows8.1 にアップデートする必要がある。

以前はマイクロソフトストアから入手する必要があったが、最近は Windows8.1 のアップデート用ISOイメージを手動でダウンロードができる。
以下のサイトからダウンロードした。
www.microsoft.com


Windows8が起動してきた時点でISOイメージをマウントし、setup.exe を実行しWindows8.1にアップデートした。


一度ダウンロードし保存しておけば、ダウンロード時間の短縮にもなると思う。

二心

昨年、「あらしよしずまれ」という記事を書きました。
iroiro-memo.hatenablog.com


ウチの子は、雨が降るとたまに「あらしよしずまれー。あめよやめー。」と、空に向かって叫びます。

それは聖書の中で、イエスガリラヤ湖で、風と荒波をしかりつけて鎮めた場面から来ています。

まだ小さかった頃・・・多分3歳頃。この話しをしてあげました。



それ以来、雨や嵐を見ると、マネをして「あらしよしずまれー。」とやるようになったのです。

最初のうちは子供っぽくてカワイイなと微笑ましく眺めていました。

実際に雨が止んだりすると、「本当にやんだね」「祈りがきかれたね」と一緒になって喜んびました。

あれから数年が過ぎて、小学生になった。息子は今でもそれをやる。

先日も雨に向かって叫んだ。


初めて見た人は「あんまり大声出さない方がいいよー。」という感じだったが、おちゃらけキャラなので、みんなふざけていると思うのか、別に変に思われてる様子もなかった。


そして暫くすると雨は止んだ。


太陽の光が出てくると、息子は外に出て、「やったー」といつものように喜んだ。

そしてふと思う。
3歳の頃から、この場面を何度目にしただろう。

少なくとも自分と一緒にいる時、雨や嵐が止まずにガッカリしている姿は思い出せない。


何気なく話したのだけれど、息子は今もそれを信じていて、少なくとも自分の目の前では確かに雨は止む。

この体験によってさらに確信を深め、疑いがないからから人前でも叫ぶ。これが息子の「神体験」の原点になっているのかもしれない。


そのことを思った時、聖書の言葉が浮かんだ。

あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげなく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。
ただし、少しも疑わずに、信じて願いなさい。疑う人は、風に吹かれて揺れ動く、海の大波のようです。
そういう人は、主から何かをいただけると思ってはなりません。
そういうのは、二心のある人で、その歩む道のすべてに安定を欠いた人です。(ヤコブの手紙1章5~8節)


ここに出てくる「二心のある人」とは、もしかすると自分のことではないか?


息子に聖書の話しを聞かせながら、実際には心の底で信じていない自分に気付かされた。


神学的には「祈りは神の御心ならば聞かれるが、そうでなければ聞かれないこともある」と説明するのが正しいのだろう。


しかし聖書にはこんな箇所もある。


まことに、あなたがたに告げます。だれでも、この山に向かって、『動いて、海に入れ』と言って、心の中で疑わず、ただ、自分の言ったとおりになると信じるなら、そのとおりになります。(マルコの福音書11章23節)


子どもは指導すべき存在と思っていたが、殊に「信じる」ということになると、立場が逆転することもあるのかもしれない。


しかしイエスは、幼子たちを呼び寄せて、こう言われた。「子どもたちをわたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。
まことに、あなたがたに告げます。子どものように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこに、入ることはできません。」
ルカによる福音書 18章16~17節)

Windows10 カメラの有効化

WEB会議用にカメラ有効化

コロナの緊急事態宣言に伴い、WEB会議の機会が増えました。

しかしいざ会議をしようとしてみると、ノートPCにカメラがついているはずなのに見えないという申告が来たりします。

ウチは出荷時にカメラをOFFにしていますが、それが原因です。

続きを読む

在宅で子供に読み聞かせ

リモートワークでしかできないこと

土日はこどもに絵本の読み聞かせをしていたが、リモートワークになって平日も子供と過ごす時間が増えた。

こんな機会はまたとない。
せっかくなので毎晩読み聞かせをすることにした。


「ああ無情」を購入

とは言うものの、不要不急の外出は避けたい。

Google play store で子供用の「レ・ミゼラブル」を探す。

play.google.com

続きを読む

最近のアクセス傾向

久々にアクセスの傾向を確認してみたが、意外な変動があった。

今まであまりアクセスがなかったページが上位に来ていた。

最近のGoogleからのアクセスが多いのは以下のページ

続きを読む

Ciscoでデータ転送

Ciscoアプライアンスのプログラムが破損してしまったため、最新プログラムをダウンロードし、本体へ転送をかけることになった。

GUIか何かで、本体にログイン後にアップロードするのかと思いきや、社内にFTPサーバーを立て、そこへプログラムをアップロードし、Cisco本体からコマンドで取得しに行くという思ったより煩雑なものだった。

続きを読む